境内の四季
如意寺では四季折々の花が咲いております

今月のお花

ナツツバキ

シャラ.jpg

夏椿。沙羅(シャラ)の木とも。インドでお釈迦様が亡くなられたとき、側に生えていたと言われる沙羅双樹のことですが、日本でこの夏椿と間違われそのように呼ばれます。夏に椿のような白い花を咲かせます。

花は毎日咲きますが、ひとつの花は一日で落花してしまうため、平家物語でははかなさの代名詞として使われました。