如意寺の歴史

2018.04.09 春山如笑

2018年04月09

新年度が始まっています。

今日明日、入学式のある学校も多いのではないでしょうか。

不安と楽しみが入り交じった子供達の顔は大人の喜びでもあります。

また新しく社会に羽ばたく皆さんにも、社会のために自分が何ができるのかを

常に問いかけていって頂きたいと思います。


先日からの雨で桜はほぼ終わりましたが、みつばつつじはピークを迎えています。

昨日の朝には少し雪混じりの雨も降り、冷え込んでいますが、少し花期がのびるのでは

ないかなと期待しています。


_IGP6469.jpg

2018.04.02 日切不動尊大祭

2018年04月02

昨日は暖かい陽気のもと、無事『日切不動尊大祭』を終えることができました。

お天気の良いのに加え、日曜日重なったこともあり、多くの方にお参り頂きました。

10時半からは不動堂前で「柴灯大護摩供」があり、

山伏装束を身に纏った丹後、但馬の御寺院のご住職様方にもご出仕頂いて

護摩の祈願が行われました。

立ち上る煙と満開の桜の共演にカメラを構える方も多くおられました。


180401IMG_6573.jpg


午後からは住職による花説法、引き続きもちまきも行われ終日参拝の方で賑わいました。





2018.03.26 春陽

2018年03月27

暖かい日が続いて、雪に埋もれた日々が嘘のようです。

庭師さんが雪吊りを外したり、山の掃除、境内の砂利入れなど春の準備をしてくださっています。

本堂裏周辺で日向水木の黄色い花が、太陽の光を受けて輝いているように見えました。

180324_IGP6127.jpg

2018.03.15 紅梅が見頃です

2018年03月15

不動堂裏手の紅梅が見頃を迎えています。

早い年には節分頃から咲きだす時もありますが、

今年は大雪の重みに耐えてたくさんの花をつけてくれました。

180314_IGP6034.jpg

2018.03.11 震災七年

2018年03月12

東日本大震災から七年。

ここ丹後の地からは なかなか遠い東北の実情を計り知れないのが正直なところですが、

進まない復興や故郷に戻ることすらできない現状を伝え聞くたびに心が痛みます。

私達は他人の心を思いやれる素晴らしい力を持っています。

一人一人に出来ることは微力でも、それぞれでできる限りで寄り添い続けなければならないと思います。

180311_IGP6042.jpg