如意寺の歴史

2017.04.20 みつばつつじの様子

2017年04月20

みつばつつじはまだまだ見頃ではありますが、ピークは過ぎました。

今は鮮やかな新緑とみつばつつじが入り混じった状態で、これもまた爽やかな色合いを楽しめます。

今朝の新聞に、同じ花の寺の楞厳寺さんのみつばつつじが見頃です、と掲載されていました。

海岸沿いと内陸(?)ではこれだけ差があるのですね。

_IGP3654.jpg

この如意寺の境内の中でも、西向きの斜面の方が少し遅く咲いてきます。

西向きの斜面と言えば、昨年一番奥の山野草の庭の斜面を大掃除しました。

これまでシダ植物のウラジロで一面覆われていたのですが、庭師さんに頑張って頂いて全て刈り払いました。

そのため今はその残骸で茶色い山肌になっていますが、これから根気よく手を入れていけば次第に緑に変わってくると思います。

また刈り取ってみると思った以上にみつばつつじも生えていたので、これからまた株も増えてくるのでは、と期待しています。

_IGP3699.jpg

やはり山肌がシダや落ち葉に覆われていると種が落ちても育ちません。

散策道のある斜面のように、手を入れるとみつばつつじもよく増えますし、足元にもイカリソウやショウジョウバカマ、

ササユリにヤマリンドウと、種で広がって私達を楽しませてくれます。